Status

K(石月剣侍)

Author:K(石月剣侍)

~大体の戦果の表れ~



◆SPECIAL THANX◆
kino
双子屋工房


Recent Comment

最近の記事

Link

Archive

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

質問 当ブログを何処で知りましたか?
他家さんのリンクから
FC2ブログ等の検索から
検索サイトから(Yahoo)
検索サイトから(google)
検索サイトから(その他)
mixiから
↑以外の方法で

その他ご利用の方は此方へ



- ショッピングカート -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散々な結果に…;;

今日は散々です;
MFC待ちをしていたMJでは、早々に聴牌した清一色ドラ3を、メンゼンツモオンリーの手で潰され、挙句にはその次、たった三巡で、親に跳満を振り込む始末。(しかもこれが、昨日に引き続き、ダマ七対子。通常ドラ2枚に、赤伍筒・赤伍索と、目を疑う揃いの良さでした…;)
最初のメンゼンツモ和了された時、俺親だったんで、こんなのを喰らってしまったら即トビ。
嫌な予感を薄々感じてはいたんですが…
やっぱりMFCでもその予感を引き摺る始末。

更には、ハンゲでもその予感が後を引き…
他家が4枚独占...OTL
(ハンゲは、まだ思いっきり浮いていたので、コレ喰らっても1位を取る事叶いましたが…)
國士九筒待ちが、他家が待牌の九筒独占、更には裏ドラ乗りまくり…
上家の人、お願いだからアノ場面で槓しないで下さい…;;


1st
1:全国三人打ち麻雀1位11100点 06/10/30 23:04
2:全国三人打ち麻雀1位39000点 06/10/30 22:53
3:全国三人打ち麻雀3位-13300点 06/10/30 22:51


2nd
1:全国三人打ち麻雀3位-13700点 06/10/30 23:48
2:全国三人打ち麻雀3位-28400点 06/10/30 23:23



2ndでオーブを1日で2個も無くしたのは本当に痛いです。
一個獲得するのに、どれだけ苦労が計り知れないか、と言う状態なのに…
23時以降に打つのは、黄龍レベルAAAクラスの方と沢山同卓するのは、もう覚悟の上で打っているんですが…
それでも、レベルの掛け離れすぎには愕然以外のモノはありません。

一回目のトビは、お二方が跳満以上の和了を連続。俺だけ放銃なくとも、一度もあがれなくてトビ。
二回目は…これがまた、どうしても自分で反省点の目立つ打ち方が多すぎな局でした。
またしても、皆さんで高目をあがって、俺だけあがれない始末。
でもオーラス…俺がラス親だったんで、ココで死ぬ気で巻き返しを図り、全員で最初の25000点に近い状態まで戻しました。
…思えば、またしても聴牌を悟られベタ下りを繰り返される事二局。自力でツモ和了して追い上げて、三本場だったその時です。
配牌時は、字牌が多く目立ち(←しかも対子は一個も無し)挙句には九種九牌までは足らずで…肝心な所で本当に困りました。
写真撮っている余裕がなかったので、思い出せる限り書いてみますが…
ドラは二筒。
俺の配牌時の手
(漢数字は萬子・数字は索子・丸囲みは筒子)

九九68①③【後全部字牌】

と、こんな状況です。
どうしようもないので、一先ずオタ牌から切って行きましたら…その過程で、なんとか中が対子に。中が来たら鳴こうと思い、そのまま字牌整理をして行きまして…
かと言って、字牌が整理し終わったら今度は手を固めていかなければいけない所ですが、肝心の筒子は間々が抜けていて、下手に触れない状態です…;
しょうがないので、敢えて筒子に手を触れずに居たら、今度は索子ばっかり、しかも被ってツモってくる状態。ツモ、完全に流れ悪いです;

でも…こんな手でも、最終的には中は出なく、自分で中を引いてきて以下状況になりました。

九九678①②③⑦⑦中中中

聴牌ですが…聴牌にするには、or⑦を切らなければいけないハメに…
これが序盤だったら、回して九切って様子見るところでしたが…既に字牌整理で、そしてツモの悪さで相当タイムロスしていました。ここで張らなければ、流局してしまう所だったので…意を決して切りしました。
⑦切りにしなかったのは四筒が既に三枚出ていた事と、自身が未だに七筒近くの六・八・九筒を切っていなく、手がわりもするかもしれなかったからです。
そしたら…トイメンがをポン。
一応俺聴牌出来ましたが…この局面で、今までベタ下りしてきた人が動くとなれば…恐らく、張るためor更に高い手であがる見込みがあったから(河からして、此方が濃厚)と、即判断しました。
そうしましたら…数巡回して、トイメンが跳満ツモ。(清一色ドラ3)
カン6筒待ちでした。
結局、間合いを詰めたかと思えば最後の最後に捲られてしまいました…;

切り、やっぱり凄くマズかったのでしょうか…??
それとも、序盤に筒子を弄らなかったのがいけなかったでしょうか?
また、中を対子に出来たとき、九をアタマに使おうと考えた事が、いけなかったでしょうか?

皆さんでしたら、こう言う状況の場合、どう打ちまわされますか…??
今後の勉強のために、伺えれば幸いです…!

<< 結局… | ホーム | 安定して調子を保ちたい所です…! >>


コメント

こんばんわ~
難しい局面ですね。
この局面、場の状況が見えないのでなんとも言えませんが基本的には赤5ピンは切りません。7ピン切りで6ピン待ちに受けます。九満がまだ残っててリーチに行くなら赤5ピンもありますがダマなら7ピン切りです。でもわかんないなぁ~…

どうも今晩和です、たっちんさん(^^)


これは本当に迷いました…珍しく、攻撃面で長考を使い考えた場面でした(いつも長考使うのは、大抵安牌探しの為にとかなので…)

改め、写真撮れれば、更に状況が詳しくお伝え出来たので、御考察やお話を伺う際にあれば良かったんですが…撮る余裕がなかった事、本当にイタかったです(_ _;)

ちなみに、九萬。この時の状況は、九萬は一枚も出ていない状態でした。

七筒切りの六筒受け、ですか…成程です…!
この時にやはり、上記の通りに『手代わりの可能性』ともう一つ、場に六・七・八・九筒は、ほぼ出ていなかったに等しく、これらで待たれていたらどうしよう…と、変な憶測を持っていたのも俺、いけなかったかもしれないです…;

…こういう時に、牌符再生機能がMFCにも欲しいしだいです…!
6には是非と言う具合です…!

本日は御考察、お話してくださいましてどうも有り難う御座います…!m(__)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。