Status

K(石月剣侍)

Author:K(石月剣侍)

~大体の戦果の表れ~



◆SPECIAL THANX◆
kino
双子屋工房


Recent Comment

最近の記事

Link

Archive

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

質問 当ブログを何処で知りましたか?
他家さんのリンクから
FC2ブログ等の検索から
検索サイトから(Yahoo)
検索サイトから(google)
検索サイトから(その他)
mixiから
↑以外の方法で

その他ご利用の方は此方へ



- ショッピングカート -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタマは十分冷えました…!!

仕事より帰宅後…長い間両親とマジで大喧嘩した後の対局だったので
打牌は荒れ放題の目を向けられない状態でした…

全く以って、そんな自分に嫌悪感いだきざるえなくなります…;;

今日は折角、頑張ってみようと思っていた麻雀大会にも出ようと思っていたのに…
その意気込みすらも圧し折れてしまって、本当に残念です…;;



ですが…喧嘩した事実に対しては一先ず、喧嘩して、自身の情けなさに屈服している場合ではありません。
早々に立ち直り、精進を重ねるまでです…!


1st
1:全国三人打ち麻雀1位10200点 06/11/01 23:00
2:全国三人打ち麻雀2位9000点 06/11/01 22:34


2nd
1:全国三人打ち麻雀2位0点 06/11/01 23:54
2:全国三人打ち麻雀3位-19600点 06/11/01 23:48
3:全国三人打ち麻雀3位-30500点 06/11/01 23:31
4:全国三人打ち麻雀3位-27000点 06/11/01 23:20
5:全国三人打ち麻雀1位21000点 06/11/01 23:05


今日は感情に左右され、荒れた打牌でしたが、明日からは、もっと冷静に、学習しながら打つことを心掛けたいと思います…!


そして…
以前、eパスサイトで見た三麻の見直し・考察がありましたが…
なんと、同じく、eパスサイトで見れる打ち筋等を、お世話になっている方が拝見させて下さいました…!!

自分の打ち筋以外のデータを見るのは、初めてですので、かなり緊張です…!
でも!自分に足りない所などを見直すにはとても良い機会。早速、拝見させて頂き、自分の打ち筋と比べてみました。

結構、拙いながらも長い感想、俺なりの考察になってしまいましたので、良かったら続きより、ドウゾです…!!

また…こんな俺なんかにデータを見せてくださいまして、どうも有り難う御座います!!

感想TIMEの前に、比較の為に、その方の属性と総局数だけ掲載させて頂きますm(__)m

玄武型黄龍さん
総数:1373

総数が、俺の場合だと1st・2ndを合わせた回数が丁度ですが、一番近い1stで比べさせて頂きました(^^)


先ず最初に、拝見させて頂き一番に思ったこと…
リーチあがり回数に目が行きました。
俺:26.84%
と、大変少ない数字なのに
42.46%と、およそ20%近く離れている事に驚きました。
ですが、次点は『鳴き』と、俺と同じく、しかもパーセンテージも殆ど同じ
俺:39.90%

34.17%
と、この様な具合に。
差として如実に物語っているのは、やはり俺がヤミテンを主流となっていましたが
23.37%と、此処でやはり違いが出ている事に。

…では、この事を踏まえて俺、次にリーチ傾向&ドラ使用傾向を見てみました。
…此処で、面白い数字に気付けました。
最初に、ドラ使用傾向の数値を記しますと

字牌:7.92%
老頭牌:8.27%
中張牌:34.65%
赤牌:49.15%
ドラ使用割合:79.85%
と、なりましたが


字牌:9.13%
老頭牌:8.91%
中張牌:35.93%
赤牌:46.03%
ドラ使用割合:82.40%

と、この様な具合に。

…ほぼ全て、同じパーセンテージなんですが、ドラ使用割合がかなり離れている結果に。
これは…やはり、リーチの効果なのか!?と、俺的に思いました。
俺は専ら、鳴き&ダマなんで、裏ドラを開ける機会は殆どありません。
でも、今回データを見せてくださいました黄龍さんは、リーチあがり割合が高い…と、なりますと、牌の種類毎には、ほぼ同じ割合なのに、使用割合に多くの差が表れたのは、リーチによる裏ドラが加味されている、と言う事に今回気付かされました。
これは…俺には足りなかった一つだったのかもしれません…!!


そしてもう一つ、目が行ったのは…
翻数の割合です。
前の記事で俺、『満貫は自他共に狙いやすいのかな?』と、書きましたが…あながち、それは戯言ではなかったのかもしれません。
三麻において、一~三翻は抑えるべきあがり手、もしくは更なる高い手を狙う為に一~三翻はあがりを控えている、と言う事でしょうか?
今回拝見させて頂いた黄龍さんのあがり翻傾向も、満貫が一番多かったです…!
でも…俺も凄い!と、思ったのは…一~三翻を極力抑え、跳満~役満の割合が非常に高かった事です…!
…この辺りは、やはり先のドラ使用率と同じく、リーチの恩恵なのでしょうか…?
ダマで俺は随分平均あがり翻数を下げてしまっている様です。
たしかに、あがる可能性は看破されない限りヤミテンは飛躍的に上昇しますが…あがれても、(役満は別として)倍満がやっとこさで、せいぜい。子での倍満ならば、一度っきりならば、追いつかれてしまう範囲です。
しかもあがれる局面なんて…護っているモンですから、中々そう言う機会にすらめぐり合えません;
ですが、子でも三倍満を和了すれば、中々追いつけません。そして倍満を同じ局に2回出せば、それも然り。

護りに入る事は、直接なる放銃を防ぎ、大きな点の移動を防ぐ事を出来ますが…獲得できる点棒も低いです;
それとは対になり、リーチなど、攻撃的な打ち方は、放銃する点・リスクも多大ですが、その放銃を覆す力がある事を実感です。
そして…攻撃的に、進撃なる打ち方をするにはやはり、仮に攻撃に失敗した場合にも、それを覆す為の力を要する、それを備えている事が出来る、これが常勝である為に必要な要素としての一つなのかな?と、一つの考えに今回、感じ取らせて頂きました。

直接打ったわけでなく、今回は打ち筋データ比較一つではありましたが…
此れ程まで、勉強させていただけるとは思いませんでした…!

こんな輩に、データを開示して下さいまして、本当に有難う御座います!
これからも…俺みたいなヘッポコ雀士の温い打ち筋を、どうか暖かく見守って頂ければ幸いです…!

この度は、本当に有難う御座いますm(__)m

<< 先手:KONAMI社 後手:SEGA社 | ホーム | 結局… >>


コメント

こんばんわ~
ちょっと北海道まで出かけていてやっと帰ってきました。。。

上の考察の件ですが、確かにリーチをガンガンかけるタイプの人は裏ドラがありますからドラ使用率は高くなるかもしれませんね。

リーチ 一発 ツモ ドラ5 で倍満ですから。
三麻ではよくみかける和了です…

たっちんさん、どうも今晩和です…!
遠路への遠征、お疲れ様です(^^)


改めまして、今回の考察…自分に足りない・出来ないものとして立置が浮かび上がったのは、分かった事という意味で課題になりましたが、併せて、この(自分的には)振込みを省みないで攻撃を仕掛ける事を克服する事が出来るのか…?と、言う意味合いでは悩みの種として大きなモノを発見してしまいました…;

いずれにせよ、これから始まる近麻杯でも、獲得したポイント、ソレ即ち如何に攻撃的な打ち方で進む事が出来るのか、と言う事をも示唆するので…
今、更に前進するには自分の打ち方を改めなければ行けない時なのかもしれないです…(・-・;)

併せて、今回の立置率をお世話になっている黄龍さんに、自分のを見てもらったら、立置率が低い事をご指摘され、そして、たっちんさんと同じく裏ドラの持つ意味合いの事は注視するもの、と言う事もお話してくださっていました。

やはり、一度は攻撃面改善を挫折してしまって諦めてしまいましたが…
もう一度、面向かいに改善に挑戦してみたいと思います…!

この度は、どうも有り難う御座います…!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。