Status

K(石月剣侍)

Author:K(石月剣侍)

~大体の戦果の表れ~



◆SPECIAL THANX◆
kino
双子屋工房


Recent Comment

最近の記事

Link

Archive

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search

質問 当ブログを何処で知りましたか?
他家さんのリンクから
FC2ブログ等の検索から
検索サイトから(Yahoo)
検索サイトから(google)
検索サイトから(その他)
mixiから
↑以外の方法で

その他ご利用の方は此方へ



- ショッピングカート -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1対1なんて、面接以来だ…!

今日は折角バイトが早めに終わったので、早めに行ってみましたら…なんと、23時になっても満席。兎に角待たされました。
でも…その待ち時間は、無駄なものではありませんでした。
今日は待っている間、MJは打たず。
MFC設置場に到着した時に丁度、お世話になっている黄龍さんとお会いしたので、空席になるまでずっと、色々なお話を伺っていました。

日頃、打ちながら色々な場面についてお話を伺ったり、見てもらったりしていますが…
今日は、俺が疑問に思っていたり分からないままだったモノを沢山聞いてしまいました…(^^;)
…ですが、こんなペーペーの質問に、一つずつ丁寧に教えていって下さいまして…なんだか、とても感動してしまいました。
そんなこんなで…今日は、打つ回数もとても限られていたので、初めに成果の方だけ纏めて、伺った御話・そこから得た課題などを纏めてみたいと思います。


1:全国三人打ち麻雀1位6700点 06/11/13 23:09


今日は一度だけ三麻を。
先制で親満を和了して、後半は高めのツモこそ喰らうものの、間髪縫って子で満貫を再び…!
なんとかしてオーブを獲得できました(^^;)
後は…大会に備えて、一度っきり練習用カードで半荘リーグを打ってみたんですが…
此方は、俺には珍しくトップを獲得…!!
途中で引っ掛けのカン二筒待ちを喰らって跳満に当たってしまったのは痛かったんですが…
これまた、俺には珍しい事だったんですが、子での跳満・親での四翻あがりによって、50000点も獲得していたので、それでもトップ獲得叶う事に(^^)
この調子を大会で生かせればなぁ…
とは思うも、これはきっと半荘Cリーグだからなんとか出来た話なんだと思います。
実際には、もっと辛い場面が多々、と言うのは否めなそうです…;


…と、言う事で、成果の次第はこんな具合でしたが…
改めまして。今日は空き待ちの間、ずっとお世話になっている黄龍さんに色々とお話を伺っていましたが…
その間およそ1時間半。逆を返せば1時間半も、こんな拙い輩の質問に対し、黄龍さんは丁寧に教えてくださったと言う事になります。
仮に待ち時間とは言え、俺の質問に1時間以上御相手してくださいまして…本当に有難う御座います…!
そんなこんなで…初めは、色々と日頃から気になっていた事を少しずつ聞いていたんですが…
それこそ、拙い質問とか、かなりしてしまいましたね…(^^;)
出だしの質問は
『実際リアルで打っている時に、平和のみとかであがると、同卓してる人に【空気嫁】とか思われないですかね…?』
とか…本当に稚拙な質問だな俺(´Д`;)
でも…俺、結構手がわりしそうな平和を聴牌した時とかって、その手がわりを考慮してリーチを掛けなかったりするんです。んで、手変わりが成る前にあがり牌が出てしまったら、あがってしまうんですが…実際、これはアリなのかな?と、凄く気になっていたので…ここぞとばかりに、聞いてしまいました(´∀`;)
後は…俺が気に掛けている、課題にしている攻撃面の改善とか…改め、リーチを掛けるタイミング等を重点的にお話を伺ってみたりしました。
…リーチを掛けるタイミングの御話…
これは、拙宅に遊びに来てくださっている方にもよくよく伺い、勉強を特にさせて頂いているお話の一つですが…今日は、ちょっと違うタイミングのお話も伺う事が出来ました。
リーチの利点の一つとして相手にプレッシャーを掛け下ろさせる事が出来るのは、皆さんからも伺い、そして今日もまた黄龍さんからも伺えましたが…
今日は、デメリットも含め、そのデメリットを考慮した上でのリーチを掛ける場面、と言うちょっと変化球的な話も伺える事に。
いわく、先制のリーチには相手を下ろさせるプレッシャーを秘めていますが、反面、ソレを耐え抜かれ追っかけをされると不利になってしまう場合がある、との事で。
此処で更に俺、ぼく7才!的な質問をしてしまうんですが『リーチを掛けているのは互いに同じ状態ですから、同等の立場にこそなれど、此方が不利になってしまう可能性があるのは、どうしてなんですか?』と。…いや、マジでわからなかったんです(´∀`;)
…どうやら、不利になってしまう理由としては(これはあくまでも可能性的に高いという意味で)
自分のアタリ牌を、他家に止められてしまっている可能性がある。更には相手のアタリ牌もまた、他家は止める事は出来ても、自分は最早リーチを掛けてしまっているので、当然止める事が出来ない。更には、追っかける=高めor自分よりも高い手を作れている自信があるからこそ追っかけてくる、と言う可能性から、追っ掛けられると、不利な点は結構あったりするので、注意が必要。との事でした。
でも、逆に追っ掛ける事が可能だったら、追っ掛けは意を決して行くべきとも、併せて仰っていました。
…言われてみれば、たしかにそうですね…!


…後は…俺の最近の悩みの種として、感性で打っている傾向がとても強い事を、相談してみたんですが…
この「感性を利かせる打ち方も、打ち方の一つとしてアリだと思えるよ」と言うお話には、大分安心を頂けました。
相談の過程で、俺の根拠の無い危険牌の察知力をはじめ、ドラを引き込み易い・手として繋げ易い・槓したら悪乗りする可能性がやや多い・裏ドラも可能性が高い、などなど…ほぼ全て【運】が絡む出来事の多々を先ずはお話して『運の強い、理論や確率とは正反対的な、こんな第六感駆使・センスティブ一色な打ち方は、やっぱダメですかね…?』と、聞いてみましたら…
『ソレは自分の特徴として強いのであるならば、特色の一つとしてそう言う打ち方に磨きを掛けるのも、間違いでは無いから大丈夫だよ。麻雀にも確率論は、関わってくるけれど…運や流れ、ヒキも重要なステータスとして考慮できる題材であるから。そう言った点等は理論的では無いから否定される事もあるけれど、本当にソレに自信があれば、理論などとは違って見えない確信無いものではあるけれど武器にも成り得るよ』と、お話を頂けました。
正直な所、運とかは所詮運なので『運に頼っていたらいずれかは…』的なお話が返ってくるんだろうな…と、思っていたので…運もまた一つの武器、とお話を伺えた時には、本当に安心しました。
なので、運を武器にするのも通るのであれば、ソレを更に上手く生かせる様に打ち方を考えるようになれるよう、努めて行きたい次第です…!


…思えば、席が満席だった事から始まり、意を決して『強くなる為にはどうすれば良いですか…?』と言う、ある種御法度とも言える俺の質問に対して、丁寧に色々と教えて下さいまして…今日は本当に嬉しかった次第です…!

そして今日も打ち終わって、閉店間際の最後の最後。
『勝ちたいと思うのであれば、自分の打ち方・曲げない信条を持つのも大事だと思うよ。今日質問に沿って話した事は、あくまで確率論を重点に置いての僕の打ち方だったら、と言う想定だからね。コレを踏まえてケンジ君が今後自分なりにどうやって打って行くかが大切だと思うよ。さっき話した第六感を上手く利用出来る打ち方…それこそ、危険牌を察知出来るのが本当に可能性高いならば、危険牌の理論的な読みと併用すればもっと護りは高くなるだろうし、それで突っぱねるべき場面・そうでない場面を見分ける事が出来れば、過剰すぎる護りも減るだろうし…大変かもしれないけれど、固定観念になり過ぎない程度の自分なりの打ち方を見つけるのはきっと上達の一歩に繋がるだろうから…頑張ってね』
と、激励を頂けた時はマジで感謝の気持ちで一杯モノでした…!

…こんな北斗ザコ的なおバカに最後までお付き合いくださいまして、本当に有難う御座いました…!

そんなこんなで…
最早7才を通り越して、幼稚園児並な作文と化してしまった、考察とも言い難い文章で、本日は締めくくりたいと思います…!
そして、こんな幼稚園児文章に最後までお付き合いしてくださいまして、本当に有難う御座います…!

<< 七段もやっとこさ…!! | ホーム | 今週の予定で… >>


コメント

黙平和…

Kさんこんばんわ~(^ー^*)
Kさんのゲーセンめちゃめちゃ混んでるんですね…(;´Д`)
自分は待つのが苦手なんで多分我慢できないっす…。
それを我慢してMFCをおやりになるKさんは凄いっす!
自分もそれぐらい麻雀好きにならないと♪

黙平和…自分はリアル麻雀では出来るだけやらないようにしています。あ、MFCなら「ここで和了っておかないと○○がデカイ手完成さしちまう!!!」って時は全然やりますよ!
まぁリアル・仲間打ちではすぐリーチかけたりととりあえずヒーヒー言い合いながら楽しむということを一番に考えてる男っすから♪
でも全員がマジ真剣なら普通に1000点であろうがロンします☆
…こういうのは考え方は人それぞれ違うのでKさんはKさんのやり方をつらぬいてOKだと思いますよ♪(^◇^)
麻雀出来ることに意義がありますから!(意味不

感性麻雀については結構考えちゃいますね~。
言いたいことがまとまれば書き込みしにきますね♪

最後に…

北斗ザコは僕です(゚∀゚)イヤッハー!!!

こんばんわ~
感性の麻雀なんて素晴しいです!!
アカギになってください。。。

あとリーチのタイミングは麻雀において最も重要かつ難しい問題ですね。
でも自分は手変わりを待つより裏ドラに期待してしまいます…

>RANGEさん

RANGEさん、どうも今晩和です!
…ハイ、そうなんです(´Д`;)
実は最近、行きつけのゲーセンがトンでも破格に設定してしまったせいで、地区最強の値段になってしまい、多くの人がやってくる状態になってしまい…中々、打てない日々が続いてしまっています;
でも、コイン持ちはお陰で良くなったので、席にさえ座れれば、以前より多く打てるので、そこは嬉しい次第です(^^)

ダマ平和・リーチなどにお話をして下さいまして、どうも有り難う御座います…!
特に、ダマ平和のみ、なんかは日頃良くあがってしまっているので…実際には、どう思われてしまうのかな…?
と、凄く気になっている事の一つでありながら、中々伺える機会も表れないものなので…御話くださいまして、嬉しい次第です(^^)
リーチなんかは、基本、先制を喰らう側なので…特に、リアル・仲間内で先制をする時って、やっぱり少なからず盛り上がりますよね…!
同じくして、この間リアル打ってた時に先制を喰らってどうしようか…?と迷っていたら、先輩が『コレ切れりゃ張れるんだけど、○○(親)がリーチ掛けてるからな…』と、言い放った後、一先ず切った後、通ったので親の○○くんが『アレ?●●さんリーチ掛けないんですか?』と、言ったら『掛けて欲しいの?だったら掛けてやるよ(・∀・)ニヤニヤ』と、次巡よりリーチ二連殺を喰らった時は、溜まったモンじゃなかったですが、場的には面白かったです(笑)
やっぱ、仲間内でリーチを掛ける場面って、ゲームなどと違い、違った面白さも増してきますよね…!(笑)

感性麻雀も、これまた、受け取り方が大きく出てくるお話なので…もし、お時間に余裕があり且つRANGEさんのお話が纏りましたら、是非是非聴いてみたいです…!
それこそ、感性改め流れなどは、人によっては『理論的でないから有り得ない!』と、仰られる方も居れば、雀聖阿佐田哲也氏のように『流れを読め・そして相手の運を喰らいつくせ』と仰り、感性も麻雀において武器の一つと仰られる方もいましたので…!


…と、今日は北斗ザコな俺…それも青で更にはケンシロウにぶっ倒されてリプレイで終了する青ザコな俺に色々とお話してくださいまして、どうも有り難う御座います!!
なので…ザコはやっぱり俺ですよ!ケンシロウから逃げようとしたら、RANGEさんはシンの様に一喝して葬って下さいです!(笑)

>たっちんさん

どうも今晩和です、たっちんさん…!
感性麻雀…ココの所、ソレがより一層強まってしまったので、感性麻雀の存在はアリなのかな?と、迷っていた次第なのですが…
ココで、感性麻雀もまた一つの打ち方としてアリ、と言う方法を伺えて、何か武器の一つになれば…!と、自分なりに努めて頑張ってみたいと思います…!
アカギはやはり、天性の感性を持った人物ですよね…!
あの鷲巣様の恐ろしい成りあがり数え役満聴牌を、怯む事無く崩し落としたあのエピソードは…忘れられないワンシーンです…!
俺的には、ドラ爆をさせてしまった鷲巣様にも惹かれたものがあったのですが、何よりも、それを跳ね除けたアカギのカンにも惹かれた…と、二重の意味合いで、あの局は印象に残っています(^^)


リーチのタイミングは、昨日のお話しにおいて、やはり色々と伺ってしまいました(^^;)
今回は、四麻でのお話として、お話を伺っていたんですが、いわく、掛ける場合は、序盤早々で張れて先制で相手にプレッシャーをかける時、と伺えた他に、中盤に差し掛かりそうなとき、平和のみで手がわりも見込めない且つ待ちが1・9絡んで出易そうなパターンだったら、かける場合はある、と仰っていました…!

でもやはり、裏ドラは魅力がありますよね…!
俺も中々リーチを掛けない(掛けられない)性分ですが、誰かが槓をしていて、点差が開いている時とかは、意を決して掛けに行ったりする事、稀にしてしまいます…!

本日も、様々なお話を伺わせていただき、有難う御座います…!m(__)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。