Status

K(石月剣侍)

Author:K(石月剣侍)

~大体の戦果の表れ~



◆SPECIAL THANX◆
kino
双子屋工房


Recent Comment

最近の記事

Link

Archive

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

質問 当ブログを何処で知りましたか?
他家さんのリンクから
FC2ブログ等の検索から
検索サイトから(Yahoo)
検索サイトから(google)
検索サイトから(その他)
mixiから
↑以外の方法で

その他ご利用の方は此方へ



- ショッピングカート -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日は、師匠の打ち筋見学

今日は、仕事が終わった後、時間も更に遅めで微妙だったので、ずっと師匠の打ち方を見ていました。
勿論、言わずもがな三麻だったんですが…
いくら、俺がMJで暴牌並な事していても、まだまだイキオイが足りない、といわれるのが、分かった気がします…。


以下、師匠のとある一局

南一局
親番
ドラ:(9)

点数は、自分が45000くらいもっていて、かなり差を放している所。

中盤、こんな状態で聴牌

一66788(1122244) 7←ツモ

ここまで、中々ストレートに来た感覚もあるので、流れ的にも先ず先ずだったんだと思います。

でも…相手の方も結構動いている状態で

1人→ 役牌×2・筒子傾向
一人→ 一度も鳴いていなく筒子傾向

ドラは見えていません。

と言う所で

一で聴牌して様子見か?
って、思った所
師匠は、(2)切りでリーチ。

えっ?マジですか?って、言っちゃいました俺;
でも…師匠曰く、一ならば遅かれ早かれ出るし、このスピードなら、まだ周りは聴牌していない。ましてや、自分が今ダントツなんだから、勢いある内に、あがりに向かわないと
と言う事で、程なくして、一が手出しロン。


…これが、アガリに特化した人の打ち方なんですね…
俺が死んでも真似出来ないわけです;
と、思った所。


う~ん…明日の廃人打ちで、今一度改めるか…。

<< 寸止めしてしまった…。 | ホーム | この日は見学。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。